最寄り駅からの距離や、道路の交通量を確認しておく

最寄り駅から物件までの距離は必ず調べよう

賃貸物件は建物の構造や家賃の金額、設備の種類など細かく条件を設定すると探しやすくなります。その際、条件に加えるべきなのはまわりの環境です。まわりの環境が充実していれば快適な生活を送れるようになります。たとえば、最寄り駅から物件までの距離は条件の1つに加えることをおすすめします。体力の負担を考慮するなら片道で10分以内を目安にしましょう。15分や20分、30分とかかる時間が長くなれば、それだけ体力の負担は大きくなります。駅から近いよりも遠い方が家賃は安くなるので、少ない費用で済ませることを第一に考えるならピッタリの物件と言えます。しかし、安かったとしても最寄り駅まで離れていると通勤や通学が大変なので、最寄り駅までの距離も含めて検討しましょう。

静かに暮らしたいなら交通量の確認をしておくべき

静かに暮らせる住まいを希望している場合、賃貸物件のまわりの環境を調べる際は交通量を確認しておきましょう。近くにある道路の交通量をチェックし、多いと判断した際は慎重に判断することが大事です。交通量が多くなると車のエンジン音やクラクションの音などが自宅で過ごしている時に聞こえてくる可能性があります。つまり、音によって快適な生活を阻害されるリスクがあるので、交通量が少ない賃貸物件を見つけられるように努力すべきです。特に1階や2階といった低層階を検討する場合ほど道路から近いため、音が聞こえてきやすい状況になることから、交通量を調べて少ないとわかったのであれば、契約先の候補の1つに入れるようにしましょう。