騒音や治安は大丈夫?周囲の環境を見ておこう

資金的に余裕があれば防音性が良い物件を探してみよう

賃貸物件を選ぶ際に重視するポイントは人それぞれですが、同じ物件に長く暮らしたいという人は、立地や家賃ばかりでなく、周囲の環境についてもよく確認して契約を結ぶことが大切です。特に、騒音問題については近所づきあいにも大きく影響することがあり、トラブルを避けるために、なるべく防音性が良い物件を優先的に探すことがおすすめです。たとえば、隣接する部屋との間にある壁が厚いところや、特殊な壁材を使用しているところは、賃料が少し高くなるものの、日ごろから快適に生活できるというメリットがあります。なお、防音性の良し悪しについては、素人にとって判断が難しい点もあるため、契約前に不動産会社のベテランの従業員に説明を聞くことが肝心です。

一人暮らしの人はセキュリティに気を使っている物件がおすすめ

賃貸物件の周辺の治安については、一人暮らしの女性やお年寄りにとって欠かせないテーマとして捉えられることがあります。たとえば、繁華街などの昼夜を問わず人が集まりやすい地域の物件を選びたい場合は、オートロックシステムが完備されているところや、管理人が常駐しているところを探してみましょう。築年数が新しい賃貸マンションの中には、セキュリティに気を使っている物件が多くあり、ワンルームなど比較的シンプルなところはリーズナブルな料金で入居を始めることも可能です。その他、賃貸マンションの内部のセキュリティが気になる人は、各部屋のインターホンの性能や監視カメラの有無についても物件探しの時に把握してくと良いでしょう。