自分に合う一人暮らしの間取りのタイプ

一人暮らしに適した部屋の間取りのタイプは、1LDK、1DK、1Rの3タイプが一般的です。間取りが違うだけで暮らしやすさも異なります。それぞれの特徴を説明するので、自分にぴったり合う部屋のタイプを選びの参考にしてください。

せまくてゴチャゴチャした部屋がイヤな人は1LDKの間取りがおすすめ!

一人暮らし向けの賃貸物件は、都市部ほどワンルームが主体となっています。初めての一人暮らしならばワンルームでも十分に収まりますが、ある程度の年数生活すると次第に物が増えることからいつの間にか部屋の中…

料理のニオイが部屋に充満するのはイヤ!というあなたは1DKのタイプを選ぼう

手軽に利用できる賃貸物件として1Rマンションがあります。玄関を開けるとすぐに居室があり、居室に水回りの設備が付属しているような間取りになります。賃料も安めに設定されていて一人で住むには十分な広さが…

とにかく節約が優先!1Rの間取りの部屋は家賃が安め

まず、ワンルームアパート・マンションというのは、間取りが「1R」と表示される物件・「1K」と表示されている物件に分かれます。そのうち、1Kとは基本的に部屋とキッチン(K)がきっちり分かれていてドア…

>

札幌の賃貸マンション

賃貸物件のまわりの環境

どんな部屋に住むかということも大事ですが、交通や周辺の施設など、まわりの環境も暮らしやすさにつながる大事なポイントです。こちらでは、押さえておきたいまわりの環境の条件をピックアップしてまとめました。自身が生活しやすい街で暮らせるように、部屋探しの手がかりにしてみてくださいね。

最寄り駅からの距離や、道路の交通量を確認しておく

商業施設や病院施設など、まわりの施設をチェックしておこう

騒音や治安は大丈夫?周囲の環境を見ておこう